标准日本语初级下第三十九课

By | 2020-11-30
标准日本语初级下第三十九课

标准日本语初级下第三十九课单词部分

遠く 作为名词使用,“远处”。

例:

■霧がかかっているから、遠くまでがはっきり見えません。

因为起雾了,所以看不清远处。

■类似用法:

近い→近く(近处)

遅い→遅く(晚些时候)

多い→多く(众多)

せっかく 特意,好不容易

△“せっかく”一般用来修饰动词,但也有用在“です”前面的情况,如“せっかくですから”

“せっかくですが…”。当别人劝说自己做某事时,接受其好意时用“せっかくですから”,拒绝时则用“せっかくですが…”。

例:

■せっかく北京に来て、必ず万里の長城へ行きます。

好不容易来北京,一定去长城。

■—コーヒー入れましたから、どうぞ。

—せっかくですが、時間がないので、失礼します。

—咖啡冲好了,请。

—谢谢,不过我没时间了,我得先告辞了。

絶対(に)

△既可以修饰否定的内容也可以修饰肯定的内容,后可以加“に”,也可以不加,意思不变。

例:

■私は映画を見て、絶対来たいと思っていたんです。

我就是看了电影,才想一定来这看看的。

■森さん、約束の時間に絶対に遅れないでくださいね。

森先生,约好的时间可别迟到啊。

标准日本语初级下第三十九课语法部分

て、ないで

小句1~て+小句2

伴随前项动作进行后项动作。

小句1~ないで/~ずに+小句2

在没伴随前项动作的状态下做后项动作。

 

~て~

上を向いて歩こう。

向前大步走。

帽子をかぶって出かけた。

戴着帽子出门了。

今日荷物がないので、歩いて帰りました。

因为今天没有行李,所以走着回家了。

Tip:前后主语必须一致。

 

~ないで~

息子は今朝、ご飯を食べないで出かけた。

儿子今天早晨没吃早饭就出去了。

予約しないで行ったら、満席で入れなかった。

没有预定座位就去了,结果满员没进去。

歯を磨かないで寝てはいけません。

不许不刷牙就睡觉。

Tip:ないで可以说成ずに,多用于书面语。

 

ために 表示原因,理由

「ために」用于连接前后两个句子,表示前句是后句的“原因、理由”。

小句简体/形2だ変な/名词+の/+ために、~。

「ために」多用于书面语或郑重的场合。

例句

台風が近づいているために波が高くなっている。

由于台风接近,风浪很大。

去年の夏は気温が低かったために、米は不作だった。

去年夏天气温太低导致稻米欠收。

事故のために現在5キ口の渋滞です。

因为发生了交通事故,现在有5公里的交通堵塞。

Tip:与から/ので/て相比更多用于不情愿的事情的原因。

 

~ていく/~てくる① (参考知乎)

用法一:「动词て形」+いく/くる

动词与い</くる是两个独立的动作

用法二:「动词て形いく」/「动词て形くる」

组成复合型动词

 

用法一:「动词て形」+いく/くる

(1)表示动作相继发生

例句

疲れているんでしょう。ちょっと休んでいきなさい。

累了吧,歇会再走吧。

夜は寒いから、熱いものを食べていきましょう。

夜里冷,吃点热乎的再去吧。

傘を電車の中に忘れてきた。

把伞忘在电车里了。

(2)表示动作主体的状态(此时的~て即是语法1中表示伴随的~て)

例句

子供を連れていきます。

带着孩子去。

お弁当を持ってきてください。

明天请带盒饭来。

夜は寒いから、コートを着ていきましょう。

夜里冷,穿着大衣去吧。

 

用法ニ「~ていく」「~てくる」

表示空间移动:离说话人而去/向说话人而来

例句

船は離れていく。

船远去。

たくさんの人が乗ってきましたね。

上来这么多人啊!

子供はお母さんのところへ走っていきます。

孩子朝母亲跑过去。

 

补充用法:てくる表示循环性的动作

(当场说,去较近的地方做完某事,再回到原地)

例句

ちょっと出かけてきます。

我出去一下就回来。

この手紙を出してきます。

我把这封信寄了就回来。

手を洗ってきます。

我去洗洗手就来。

标准日本语初级下第三十九课课文部分

も 超出预想

△助词“も”有时可用来表示数量比事先预想的或应有的多时的心情。即强调“数量之多”。

例:

■天安門は、火事のために2度も焼けたことがあるんですよ。

天安门因为火灾烧毁过两次。

■今日は3リットルも水を飲みました。

今天喝了足足3升水。

 

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注