标准日本语初级下第二十六课

By | 2020-11-04

标准日本语初级下第二十六课

标准日本语初级下第二十六课单词部分

風VS風邪

風 风
風が強い(风大)
風が吹く(刮风)
風邪 感冒
風邪を引く(患感冒)

普通(名词、副词)

名词:
普通の人(普通人、一般人)
普通の学校(普通的学校)
副词:
普通、薬で治る。(一般吃药就能好。)
普通、事前に通知がある。(通常会事先通知。)

仲がいい(关系好)
あの二人は仲がよくなった。
(那两个人关系变好了。)

ほとんど 几乎、大部分

副词:
仕事がほとんど終わりました。
工作大部分都结束了。
名词:
学生のほとんどは女性です。
学生中的大多数是女生。

标准日本语初级下第二十六课语法部分

形式名词[の]

形式名词「の」,将动词简体句“名词化”。

~のは~です

名词+は形容词です Eg:旅行は楽しいです。旅行很开心。
动词筒体句+の+は形容词です
形式名词「の」,将动词简体句名词化。
名词化后作句子的“主题”。
ともだ6りょこう
Eg:友達と旅行に行くのは楽しいです。和朋友去旅行很开心。

对比例
この映画はつまらないです。这部电影很无聊。
一人でこの映画を見るのはつまらないです。一个人看电影很无聊。
例句
1.朝早く散歩するのは気持ちがいいです
早上早早地散步心情很舒畅。
2.あんなことをするのはだめです。
做那样的事情是不行的。
3.ポランティアに参加するのはおもしろいです。
参加志愿者活动很有意思。

~のが~です

名词+が形容词(喜好、能力)です
(好き、嫌い、上手、下手等)
Eg:私は音楽が好きです。我喜欢音乐。
动词简体句+の+が形容词(喜好、能力)です
形式名词「の」,将动词简体句名词化。
名词化部分作“描述对象”,用助词「が」提示。
Eg:私は音楽をきくのが好きです。我喜欢听音乐。
对比例
わたしは花が好きです。我喜欢花。
わたしは花を育てるのが好きです。我喜欢养花。
Tip:若将描述的对象提示为主题,则用助词「は」提示。
-花を育てるのは好きですか。你喜欢养花吗?
-いいえ、あまり好きではないんです。不,不太喜欢。
例句
1.私は絵をかくのが下手です。我不擅长画画。
2.私は自転車に乗るのが下手です。我骑车技术不行。
3.加藤さんは歩くのが嫌いです。加藤不喜欢走路。
4.—田中さんは電車では本を読まないんですね。
—ええ。わたしは外を見るのが好きなんです。外を見るのはおもしろいですよ。
—そうですね。
田中在电车上不看书,是吧?
嗯,我喜欢看外面。看外面很有意思哦!
是啊!

~のを+动词

名词+を动词。Eg:財布を忘れました。忘钱包了。
动词简体句+のを动词
形式名词「の」,将动词简体句名词化。
名词化部分作“宾语”,用助词「を」提示。
Eg:財布を買うのを忘れました。
忘买钱包了。
例句
1.電気を消すのを忘れました。我忘了关灯了。
2.森さんが発言するのを開きました。我听了森先生的发言。
3.李さんは小野さんが料理を作るのを手伝いました。小李帮小野做菜了。
Tip:动词简体句中的主语,要用助词「が」提示。

形式名词のvs形式名词こと
Tip 1.一般情况下,の和こと可以互换;
Eg:李さんは部長に報告するの/ことを忘れました。
小李忘了向部长汇报了。
Tip 2.根据后续动词,决定使用の还是こと。
Tip 3.
只使用「こと」的情况①;
当后续动词为“语言行为”的表达时,只用こと。
如:言う、伝える、知らせる、話す等。
Eg:李さんは森さんが休むことを伝えた/知らせた/話した。
小李转告了我/告诉了我/说了森先生请假的事。
只使用「こと」的情况②;
当后续动词为“主观意愿、思考”的表达时,只用こと。
如:祈る、希望する、決める、考える、信じる、約束する等。
Eg:タバコをやめることを決めました。
我已经决定戒烟了。
明日、午前9時に駅前で待ち合わせることも約束した。
我们约好了明天上午9点在车站前见面。
只使用「こと」的情况③;
只用こと的惯用表达。
如:动词基本形ことができる(会、能做某事)
动词た形ことがある(过去经历过某事)。
Tip 4.
只使用「の」的情况①;
当后续动词为“感知”的表达时,只用の。
如:見る、聞く等。
Eg:李さんは森さんが車から降りるのを見ました。
小李看见森先生从车上下来了。
李さんが僕を呼んでいたのを開きました。
我听到小李叫我了。
只使用「の」的情况②;
当后续动词为“直接作用于动作对象(行为)”的表达时,只用の。
如:手伝う、防ぐ、やめる等。
Eg:李さんは森さんが荷物を運ぶのを手伝いました。
小李帮森先生搬行李。

~でしょう

接续:简体句+でしょう
Tip:名词、形2直接接续でしょう,不带だ。
表示说话人个人胸有成竹地推测,可用来描述大致如此的观点
可译为“大概/差不多……吧”。
常与“たぶん”呼应使用。“でしょう”的简体形是“だろう”。
例句
动词筒体句
明日の朝は大雨になるでしょう。
明天早晨会下大雨吧。
会議はもう終わったでしょう。
会议已经结束了吧。
形1简体句
この本の値段は分かりませんが、たぶん高いでしょう。
我不知道这本书的价格,大概很贵吧。
さくら3せっ3ょうとにぎ
形2筒体句
桜の季節ですから、京都はたぶん販やかでしょう
现在正是观赏樱花的季节,京都大概很热闹吧。
名词简体句
今年はたぶん豊作だろう。今年大概是个丰收年吧
これはたぶんだれかの忘れ物だろう。
这大概是谁忘记的东西吧。

例句
—もうすぐ入学試驗ですね。马上就要入学考试了呀。
—そうですね。田中さんは大丈夫かな。嗯,田中没问题吧?
—よく勉強していましたから、きっと合格できるでしょう。
因为经常学习,一定能通过的吧。
Tip:与副词「きっと」搭配使用。“一定”
「きっと~でしょう」虽为推測表达,但语气上接近断定。

~かもしれない

接续:简体句+かもしれない
Tip:名词、形2直接接续かもしれない,不带だ。
表示可能发生某事。推測的可靠性没有でしょう高。
可译为“也许”,常与副词“もしかしたら”呼应使用。
敬体→かもしれません;口语缩略形式→かも。
例句
动词筒体句
森さんは今日会社を休むかも(しれません。)
森先生今天也许不来公司上班了
形1简体句
あの2人は仲がいいかもしれません。
那两个人关系可能很好。
形2简体句
来週は暇かもしれません。下个星期也许有空。
今回の試験は大変かもしれません。这次的考试可能很难。
名词筒体句
明日は雪かもしれません/かも。明天也许会下雪。
Tip:名词、形2直接接续かもしれない,不带だ。

标准日本语初级下第二十六课课文部分

それで

“それで”多用于由于某件事发生后自然而然产生的结果。所以后项一般不接“ましょう/たい/てはいけません”等表达建议、愿望、命令等表达。
例:
■日本には握手の習慣がありません。
それで、つい握手するのを忘れます。
日本没有握手的习惯,因此,一不注意就忘记握手了。
■今日から光デパートは新春セールです。
それで、朝からお客さんがたくさんいました。
从今天起,阳光百货商店新春大减价,因此从早晨起顾客就很多。

也可以以对方叙述的事情为理由,说话人使用“それで”引出其导致的结果。
例:
■—日本には握手の習慣がないんですね。
—ええ、そうなんです。
それで、つい握手するのを忘れます。
■—今日から光デパートは新春セールなんです。
—–ああ、それで、朝からお客さんがたくさんいたんですね。
“だから”用于陈述结论时,也可译为“因此…,所以…”,但和“それで”相比,语气较强,且后面可以是建议、愿望、命令或推测等主观表达。
例:
■すぐに会議が始まります。だから、急いでください。
会议就要开始了,所以你快点儿吧。(それで不行)
■鈴木さんは仕事があります。
だから、明日のパーティーには来ないでしょう。
铃木先生有工作要做,所以不会来参加明天的联欢会吧。(それで不行)

つい

表示并非有意所为却形成了某种后果,并含有对意想不到的后果感到不快,后悔的语感。
例:
■バーゲン会場では、つい何でも買いたくなります。
在打折品大卖场上,不自觉地就变得什么都想买。
■忙しくて、つい忘れました。
太忙了,不小心忘记了。

あいさつ回り

指到了新公司或搬新家后,拜访与自己工作上有来往的相关单位或周围邻居的行为。
也可以指逢年过节时拜访亲朋好友的行为。

发表评论

电子邮件地址不会被公开。 必填项已用*标注