标准日本语初级上第十一课

By | 2020-09-07

课程链接
可以稳定的观看课程的工具

单词部分

カラオケ

カラオケ(卡拉ok)=空(から)+オーケストラ(管弦乐)
是“空オ一ケストラ”的略称。意思是不录歌手的演唱只录管弦乐的配乐部分。
カラオケ•ボックス(卡拉ok包厢)出现于1985年,其后迅速普及,经常是社会成人、学生举行联欢会之后第二次聚会的场所。

スポーツ、水泳、ゴルフ、運転

“スポーツ、水泳、ゴルフ、運転”这几个词都可以接“します”后变成相应的三类动词。
スポーツします 做运动
水泳します 游泳
ゴルフします 打高尔夫球
運転します 开车

閉めます

“閉めます”可以指关窗、关门等动作,但是关灯、关电视等电器时,不能用这个词。
窓を閉めます 关窗√
ドアを閉めます 关门√
テレビを閉めます 关电视×

上手&下手和得意&苦手

上手&下手:擅长&不擅长(客观评价)
得意&苦手:擅长&不擅长(含主观感情色彩)
下手&苦手:不擅长
用“下手”评价别人
用“下手”和“苦手”评价自己
上手&得意:擅长
用“上手”评价别人
用“得意”评价自己
有时候,苦手=下手(不擅长)+不喜欢、害怕

いつも、よく、時々、たまに、あまり、全然

“よく、時々、たまに”和前面学过的“いつも、あまり、全然”都可以表示做某件事的频率。按照由高到低依次为:
频率100%→いつも
频率70%→よく
频率50%→時々
频率20%→たまに
频率10%→あまり
频率0→全然
李さんはよくデパートへ行きます。
(小李经常去商场。)
森さんはいつも家で朝ごはんを食べます。
(森总是在家里吃早饭。)
田中さんはあまり野菜を食べません。
(田中不怎么吃蔬菜。)
わたしは全然コーヒーを飲みません。
(我从来不喝咖啡。)

また

一件事情或状态结束后又一次发生时,可以用“また”表达“再一次”、“又一次”的含义。
またあの人に会いました。
(又去见了那个人。)
長島さんは来月また日本へ帰ります。
(长岛下个月又要回日本。)

どうして

副词“どうして”用来询问事由,相当于汉语中的“为什么”。
どうして昼ご飯を食べませんか。
(为什么不吃午饭?)
ぼくは来月またここへ来ますよ。
—どうしてですか。
(我下个月还会来这里。—为什么?)

あし

“あし”可以写作“脚”和“足”,意思分别是“腿”和“脚”。

結構です

在拒绝对方的建议或推荐时,如果直接说“いいえ”会显得很生硬,也会让对方觉得尴尬。
“結構です”就是一句比较委婉、客气的回答,意思相当于“不用了”、“可以了”等。
例:コーヒーはどうですか。(喝点咖啡吧?)—今は結構です。(暂时不用了。)

语法部分

我们学习过助词“が”表示存在动作的主体。本课将学习“が”的另外两个用法:
(1)从句中的主语
在描述一个整体中局部的特点时,整体主句的主语一般用“は”,谓语从句的主语一般用“が”表示。
象は鼻が長いです。耳が大きいです。
(大象的鼻子长。耳朵大。)
日本語は発音が簡単です。文法が複雑です。
(日语的发音简单。语法复杂。)
比较:
A象は鼻が長いです。
B象の鼻は長いです。
A句以大象为话题。“鼻子长”是大象的其中一个特点。“象”和“鼻”是整体与部分的关系。
B句则以鼻子为话题,“象”只是对“鼻”的一种修饰限定,所以用”の”连接。
(2)好恶、巧拙、能力等的对象
好恶、巧拙、能力等主体用“は”表示,对象用“が”表示。
森さんはビールが好きです。(森喜欢啤酒。)
子供は野菜が嫌いです。(孩子不喜欢吃蔬菜。)
わたしは犬が怖いです。(我害怕狗。)
父は料理が上手です。(我父亲擅长做饭。)
李さんは英語が下手です。(小李不擅长英语。)
わたしはスポーツが苦手です。(我不擅长体育运动。)
張さんは運転ができます。(小张会开车。)
小野さんはピアノができません。(小野不会钢琴。)
吉田さんはスペイン語が分かります。(吉田懂西班牙语。)

名词1や名词2

助词“や”与“と”的用法相近,前后接名词,表示列举。
例:森さんはサッカーと野球が好きです。
森喜欢足球和棒球。(喜欢的只有这两种)
森さんはサッカーや野球などが好きです。
森喜欢足球呀棒球等等。(喜欢的运动很多,举出其中两个)
今日は果物や野菜などをたくさん買いました。
(今天买了水果、蔬菜之类的好多东西。)
父は料理や運転などが上手です。
(我父亲擅长做饭呀,开车等等。)
会議室に社長や森さんがいます。
(会议室里有社长、森等人。)

原因から、结果

助词“から”可以表示原因、理由,相当于中文的“因为”。这时,“から”必须接在陈述原因、理由句子的末尾。
魚が嫌いですから全然食べません。
因为不喜欢鱼,所以从来不吃。
明日は日曜日からです会社へ行きません。
因为明天是周日,所以不去公司。
中文里,有“因为”,还有“所以”,但是日语中,只需要有“办ら”就可以。
此外,还可以先说结果,把原因后置。
例:窓を閉めます。寒いですから。
(我要关窗了。因为太冷了。)
どうしてカラオケに行きませんか。
—歌があまり上手ではありませんから。
(为什么不去卡拉ok?—因为不擅长唱歌。)

だから(ですから)

“だから”是一个连词,和“から”一样也用于表示原因、理由的。不同的是,“だから”接在叙述结果的句子前,中文习惯翻译为“所以”。
脚が痛いですから、タクシーで帰りました。
(因为腿疼,所以坐出租车回去。)
脚が痛いです。だから、タクシーで帰りました。
(腿疼。所以坐出租车回去。)
張さんは本が好きです。だから、よく図書館へ行きます。
(小张喜欢书,所以经常去图书馆。)
明日は休みです。だから、子供と動物園へ行きます。
(明天休息,所以我跟孩子去动物Е。)
とても疲れました。ですから、寝ます。
(非常累,所以我睡觉去。)

语法部分

「うーん、そうですね、迷いますね。」

第7课中学过,“そうですね”可以表示赞同。“ね”的音不能拖长。
这句话中的“そうですね”表达的是一种思考、犹豫的语气,句末的“ね”可以适当拖长。

いかがですか

比どうですか更加的客气礼貌

気に入ります

気に入ります
第一印象好,看上了
好き
一直喜欢,长期的

发表评论

邮箱地址不会被公开。 必填项已用*标注